仕事実績のケース01

清掃業務の共同受注

【参加事業所】

社会福祉法人 新明塾・工房そら・山科教室
社会福祉法人 京都身体障害者福祉センター・京都いたはし学園

 

清掃業務ようやくスタート!

山々が紅葉に包まれだす秋、ゆめこうば事業清掃業務が始まりました。
単独での清掃作業を行っている事業所は京都府下、京都市内でも多くありますが、複数の事業所が共同で仕事を受けるのは初めての取組み。今後想定される課題も決して少なくないなか、清掃をぜひお願い
したいという話もいただいていたこともあり、「とに かくスタートして、皆でかたちを作っていこう!」 という思いでスタートを切りました。 

 

清掃業務スタートまでの約半年間 

清掃に限らず、複数の事業所で仕事を受ける「共 同受注」は、これまでも検討はされてきましたが、 事業所間での連携の難しさ、継続するためのマンパ ワーの不足など課題が多いというのが現実です。ということは、課題が解決できる仕組みになっていなければ、各事業所は清掃の共同受注に協力できない ということになります。仕組みを構築するために解 決すべき課題を想定し、まずは解決策をまとめることにしました。

 

「まとめ役」

清掃業務の場合は、業務の管理・運営・継続する ための中心的な役割を担う事業所が必要です。業務 全体と日々業務の管理、事業所間での情報共有、清 掃業務のマニュアル作成、新たに参加した事業所へ の手順説明、クオリティーを一定にするための作業 指導、道具や消耗品管理・補充、顧客との調整など、本来業務の「障害者支援」をしながら「まとめ役」 をする事業所には、大きな負担となることが明らか でした。 

 

「役割・責任・ルールの明確化」

業界や業務内容に関わらず、共同で仕事を受ける場合、運用ルールとそれぞれの役割や責任所在の明確化が必要ですが、事業所間でこれらを決めていくのは、折り合いがつきにくく難しいことで す。また、清掃の共同受注に参加する事業所すべ てが損害保険に加入しているとは限らず、物損・ 対人トラブルが起こった際の賠償内容が統一でき ないようでは、清掃を依頼する側からすると大き な不安材料になります。

 そこで、京都府から新「ゆめこうば」推進事業の 委託を受けている NPO 法人京都ほっとはあとセン ターが「清掃業務共同受注の窓口」となって依頼者 と清掃業務委託契約を交わし、全体の管理や調整な ど全般を行う役割を担い、実際の清掃業務は各事業 所に再委託をするという形態で清掃共同受注の仕組 みを考えることにしました。

それによって、各事業所はこの共同受注に参加し やすくなるだけでなく、それぞれの得意分野での清 掃、可能な曜日と時間帯などを選びやすくなり、よ り多くの事業所に声をかけられることから、今後の シフトが組みやすくなり、清掃依頼の契約も柔軟に 対応しやすくなるため、今後大きな仕組みになる可 能性が広がると思っています。


みやこデイサービスセンターとの出会い

この仕組みができたタイミングで、「デイサービス センターの日常の清掃を、障害のある人たちにお願 いできないかと考えています」という連絡がありま した。それが、現在清掃の依頼をいただいている「みやこデイサービスセンター」です。早速今回の事業 の趣旨などを説明し見積書を提出。すぐに良いお返 事をいただき、いよいよ清掃チームをスタートさせ ることができました。

 

清掃業務のサポート体制と今後

今後も、まだまだ清掃先を増やしていく計画をし ているなか、課題の一つ、クオリティーの一定化に 関して株式会社アグティからサポートいただける話 が進んでいます。  また、今後の清掃先も少しずつながら話が進んで いるため、それぞれの事業所が大きな負担なく長く 継続できる仕組みを構築し、参加事業所を増やして いこうと考えています。  清掃の共同受注が定着することで、事業所の可能 性、そして障害のある人たちの可能性が広がり、工 賃のアップにもつながるように、もう少し大きな輪 に広げていこうと奮闘しています。  この業務が安定的に続くことで、障害のある人た ちにとってのやりがいになるよう、ともに進んでい こうと思います。

 

■ 企業さまからのコメント

一つ一つ丁寧に。

みやこデイサービスセンター
施設長 西村 瞳
平成24年11月1日からデイサービスセンター 内の清掃をお願いしています。 以前は、当施設の職員が清掃していましたが、労働時間の超過などの問題に直面し、どうしたものかと悩んでいた時に、以前、障害者の人たちと一 緒に働いていたことを思い出しました。しかし、1~2時間の清掃、また、夕方からの仕事で受けていただけるものか心配をしながら、まずは聞いてみようと、ほっとはあとセンターに電話をてみたところ、快く受けていただきました。 そして初日、指導員の方も含め3名が清掃に来て、黙々と仕事をこなす姿勢は感心するばかり。一つ一つ丁寧に、かつ綺麗にしてくれるので、翌日、 気持ちよくご利用者様をお出迎えできることに、とても感謝しています。

サイト内検索:
検索したい言葉を入力し、Enterキーを押してください。

運営者:

特定非営利活動法人
京都ほっとはあとセンター

京都市中京区竹屋町通
烏丸東入ル清水町375
ハートピア京都7階
TEL 075-255-0355
FAX 075-255-0366